排卵誘発剤の効果について

排卵誘発剤,排卵誘発剤 効果

 

女性であれば、結婚して自然妊娠したいという気持ちがありますよね。しかし、今の時代は結婚の年齢も遅くなってきており、妊娠・出産においては何か医療の力を借りないと難しいという人も増えてきています。

 

不妊治療にはたくさんの種類の薬がありますが、一番よく使用されているのが排卵誘発剤です。今日は、このホルモン剤の効果や副作用について調べてみましたので、ご紹介いたしますね!

 

排卵誘発剤の種類を知りたい!

女医 考える

女性が不妊になる原因はいろいろあります。一番ポピュラーなものは無月経や月経周期異常症などの排卵障害です。

 

卵の数を増やして妊娠する確率を高めてくれたり、体外受精の際に採卵する卵子の数を増やしてくれたりする働きもあります。

 

誘発剤にはいくつか種類があり、処方の仕方は内服薬と注射があります。

 

内服薬は注射に比べて副作用が少ないと言われていますが、その代表的なものがクロミフェン製剤です。注射の場合は筋肉注射で、卵巣を直接刺激してくれる働きがあります。効果が高い分、副作用の危険性も高まるリスクもあります。

 

クリニックなどで診察を受けた際、お医者さんにもよると思いますが、最初はタイミング療法からスタートして、それでも妊娠に至らなければホルモン剤を飲み繰りから試してみるケースが多いのではないでしょうか。

 

排卵誘発剤の効果は??

女医 指し棒

卵巣を間接的にも直接的にも刺激してくれる働きがありますので、排卵を起こしてくれる可能性が非常に高まるという効果があります。排卵障害があってもなくても、確実に排卵を起こす確率を高めてくれるのです。

 

ですので、ホルモンバランスを安定させることができます。しかし、やはり直接体に働きかける分、副作用の可能性が高いのも気を付けておきたいところです。

 

危惧されているのは、卵巣過剰刺激症候群や多胎妊娠です。飲み薬や注射をすることによって、確率はグッと上がります。

 

また、卵巣が大きく腫れてしまった女性もいるようです。副作用が起こることは本当にまれだとは言われているものの、知っておいた方が良い情報だと言えます。

 

しかし最近では副作用が起こった場合の対策も講じているクリニックが増えてきていますので、より安心して相談・治療できる環境になったと言えます。

 

不妊治療にはなくてはならない薬になっており、高齢出産が増えてきている時代ですから、使用回数も増えてきています。リスクもきちんと把握した上で、医者の話を聞いて服用することが何より大切だと言えます。

 

 

 LINEで送る

女性ホルモン増やし方 年代別

10代 女性ホルモン増やし方
20代 女性ホルモン増やし方


30代 女性ホルモン増やし方
40代 女性ホルモン増やし方


50代 女性ホルモン増やし方
60代 女性ホルモン増やし方