卵胞混合のホルモン剤とは?

卵胞混合 ホルモン剤,卵胞 混合 ホルモン 療法

 

今、病院やクリニックではホルモン剤を使って治療することが珍しくなくなってきました。しかし、使用したことがない人、これから使用を考えている人にとっては、どんな薬なのか不安に感じる人も多いと思います。

 

その中でも今日は、卵胞混合のホルモン剤についてご紹介したいと思います。

 

卵胞混合とは・・・

女医 指し棒

これは、名前の通り混合しているホルモン剤のことですが、卵胞ホルモンと黄体ホルモンの女性ホルモン合剤のことを言います。

 

主に月経周期異常などに使用されたりします。

 

どのような効果・効能があるかと言うと、先ほどの月経周期異常に加え、子宮内膜症や月経困難症、不妊症、更年期障害などに効果が見られます。

 

女性ホルモンを投与して、卵胞の成熟を止め、排卵を抑えることで女性系の病気を治療していく薬となっています。

 

適正に生理が来るようにするには、エストロゲンとプロゲステロンの働きが必要です。このホルモンが脳に指令を与えることで、正しく働きだすことができるのです。

 

人によって、女性ホルモンの不足量や、どちらのホルモンが減少しているのか違ってきます。そこで、女性ホルモンの含有量によって少ない順に、低使用量製剤、中使用量製剤、高使用量製剤と分かれています。

 

卵胞混合ホルモン剤に副作用はないの?

はてな イラスト

正直に言って、副作用はあります。しかし、一言で副作用と言っても個人差がありますので、もしかしたら感じない人もいるかもしれません。

 

一般的に見られる症状は、吐き気やおう吐、下痢、腹痛などです。

 

また、乳房のハリや血栓症になった人もいると言われています。低使用量製剤に属しているのは、ソフィアやヤーズと言ったものです。

 

また、中使用量製剤に属しているのは、プラノバールです。高使用量製剤はルテジオンという薬になります。どの程度補充してどれだけの副作用が出るかは自分では判断できません。

 

ですので、実際に薬を使用する際は、必ずクリニックなどで診療を受けて、お医者さんから指示された服用方法や使用方法、使用回数などを守るようにしてくださいね!

 

 

 LINEで送る

女性ホルモン増やし方 年代別

10代 女性ホルモン増やし方
20代 女性ホルモン増やし方


30代 女性ホルモン増やし方
40代 女性ホルモン増やし方


50代 女性ホルモン増やし方
60代 女性ホルモン増やし方