妊娠、出産になくてはならない2種類の女性ホルモン

女性ホルモン バランス,女性ホルモン エストロゲン,女性ホルモン プロゲステロン

 

女性ホルモンは、妊娠、出産のできる体づくりの為に、なくてはならないものです。脳から指令を受け、卵巣でつくり出される女性ホルモンには、エストロゲン プロゲステロンという2種類が存在し、バランスを保っています。

 

エストロゲン(卵放期)

 

まず、エストロゲン。エストロゲンは、女性らしい体をつくる為の女性ホルモンです。

 

よく、美意識の高い女性たちの間では、バストアップ、ヒップアップ方法として、女性ホルモンの分泌を促す事が良いとされています。その女性ホルモンこそエストロゲンです。この作用があるからこそ、女性の体は、丸みを帯びた柔らかなラインを維持する事ができます。

 

 

また、美しいラインをつくるだけでなく、子宮に作用し、受胎のために子宮の内膜を分厚くする機能も持ち合わせています。自律神経、情緒やメンタル、骨やお肌、脳に至るまで、体調や美肌にまで関わり、基礎体温を低くする影響を与えます。

 

 

エストロゲンは、だいたい生理の終わり頃から排卵前にかけて分泌量が増え、基礎体温は低く推移します。エストロゲンの分泌が多い時期は、卵放期と呼ばれ、体もお肌も安定し、心も落ち着き体調が良いとされています。よく、生理中のイライラも、生理が終わった途端にスーッと引いていくと言いますが、それはエストロゲンの分泌量が正常バランスに戻ったサインでもあります。

 

 

プロゲステロン(黄体期)

 

そして、プロゲステロン。プロゲステロンは、まず妊娠をフォローする女性ホルモンとなります。

 

受精卵を子宮内膜に着床できる、ふさわしい環境へ調整し、また妊娠を続ける為に影響を与えます。カラダ中の水分量を保持したり、食欲を増進させる役割も持ち、基礎体温を上げる事ができます。分泌時期としては、排卵後から次の生理にかけてであり、体温は高温を示します。

 

 

プロゲステロンの分泌が促進される周期は黄体期。体質によって個人差はありますが腰痛や頭痛、また腹痛などの不調が出やすく、むくむ方もいます。また、気分的にも沈んだり、過敏になりやすく、感情が爆発してしまう他、ニキビといった吹き出物に悩まされる方も多いです。この状態を、月経前症候群と呼んでいます。

 

 

女性ホルモンが正常に分泌されているか基礎体温をチェック

女性ホルモン バランス,女性ホルモン エストロゲン,女性ホルモン プロゲステロン

 

生理前のイライラであったり、生理後の爽快感。こういった日々の変化から、女性ホルモンの分泌がどのように行われているか、なんとなく感じ取れる女性も多いのではないでしょうか?

 

女性ホルモンの分泌には個人差があり、月経前症候群が全くないという方もいます。反対に、生理通や月経前症候群が非常に重く、イライラした後に自己嫌悪に陥ってしまう方もいます。そういった方も、自分の女性ホルモン バランスの影響を知る事で、うまくコントロールする事ができるのです。

 

繊細な女性の心と体。これを知るには、基礎体温を測る事をオススメします。

 

 

エストロゲンとプロゲステロン、この2つの女性ホルモンによって変化する基礎体温。先に紹介したように、エストロゲンは基礎体温を下げる働きがあり、プロゲステロンは上げる傾向があります。その為、基礎体温をグラフで表す事によって、自分の女性ホルモンの周期を判断する事ができます。

 

2つの女性ホルモンは、一定の周期でそれぞれの分泌量のバランスを変えながら、女性の心と体に作用しています。このバランスが正しければ、基礎体温はきれいな二相曲線を描くはずです。また、きれいなニ相曲線であればあるほど、スムーズに妊娠、出産できる土台が整っていると言えます。

 

基礎体温が正常でない場合、ホルモンリズムが乱れているかも

 

女性ホルモン バランス,女性ホルモン エストロゲン,女性ホルモン プロゲステロン

基礎体温のグラフがきれいな二相曲線でない場合、ホルモンリズムも乱れている可能性が大いにあります。

 

そもそも、基礎体温は卵胞の変化や、女性ホルモンの分泌と合わせて変化します。このホルモンリズムの変化が、基礎体温を測れば自ずと見えてくるのです。

 

ホルモンバランスの乱れ原因として考えられるのは、過剰なダイエットやストレス。

 

ホルモン中枢をつかさどる脳の視床下部は、敏感に心の影響を受けやすいもの。その為、ストレスを感じる事によってホルモンの分泌量に変化を与えたり、生理の周期を乱れさせたりしてしまいます。また、無理なダイエットで急激に体重が落ちると、生理トラブルが起きます。

 

 

こういった事から、脳からのホルモン指令が異常をきたし、卵巣の動きが低下し、女性ホルモンの分泌が悪くなるのです。その結果、生理不順、冷え、血行不良、自律神経の乱れ、肌荒れという体調不良全般に陥ってしまいます。

 

女性の多くが経験のある過度な減量。また、社会進出によりストレスからの負担も大きくなっています。こういった事が重なり、女性ホルモンのバランスが狂ってしまうケースは珍しくありません。頑張る事は大切ですが、将来の妊娠、出産に備え、ゆったりとした自分だけの時間を持ち、女性ホルモンを増やす事も大切です。

 

 

 LINEで送る

⇒ TOPページ 女性ホルモンサプリ ランキング

女性ホルモン増やし方 年代別

10代 女性ホルモン増やし方
20代 女性ホルモン増やし方


30代 女性ホルモン増やし方
40代 女性ホルモン増やし方


50代 女性ホルモン増やし方
60代 女性ホルモン増やし方

関連ページ

エストロゲンの仕組みとは?
女性ホルモンは私たちの心やカラダに、深く関係している大切なホルモンです。体の調子を司ると言っても過言ではありません。こちらでは美のホルモンとも言われるエストロゲンについてご紹介!エストロゲンの仕組みや働きも、分かりやすく解説しています。
プロゲステロンとは?
女性ホルモンバランスが崩れてしまうと、身体は疲れやすくお肌も不調に。。女性ホルモン プロゲステロンを安定させることも非常に大切!こちらでは私たちの身体に大切な役割を持つプロゲステロンとは?安定させる栄養素とは?キレイの秘訣を詳しくご紹介!
女性ホルモンと自律神経をストレスから守る
女性ホルモンが乱れると自律神経にも影響が及ぶ?ストレスから守ることによってバランスを整えましょう。自律神経失調症や体調不良の原因になっているかも。。女性ホルモンを増やすには?いつまでも魅力的な自分でいるために、実践したいことをご紹介!
女性の一生との深い結びつき
女性ホルモンは私たち女性の一生と、どのように関わっているの?胸を大きくしたり、女性の綺麗の源エストロゲン。女性ホルモンバランスを整える為に気をつけることを、思春期、成熟期、更年期ごとに解説!増やし方なども紹介。ぜひチェックして下さいね!
メカニズムと月経周期の関係とは?
ストレスが及ぼす女性ホルモンへの影響