白井田七の好転反応とは?

更年期障害 女性
更年期障害の症状改善に効果があるとして人気のサプリメント、白井田七。

 

サプリと言えば、一般的にいろいろな成分が含まれており副作用も気になるところです。

 

では、この白井田七についてはどうなのでしょうか?今日は、このサプリメントの副作用について調べてみましたので、ご紹介したいと思います。

 

副作用の好転反応とは?

高麗人参

田七人参の副作用については、好転反応というものがあると言われています。

 

古来の中国では、金不換として重宝されてきた田七人参。

 

歴史は非常に古く、健康増進の万能秘薬として愛用されてきたと言われています。

 

今でも漢方薬として使われています。しかし、今までこの成分に副作用は報告されていません。

 

まれに頭痛や吐き気、眠気や倦怠感などがみられると言われています。

 

しかしこれは好転反応と言って、具体的な症状や体調が一時的に改善される前兆だと言われています。

 

この症状な長くても3日ほどで、好転反応が起きるとこれまで悪かった症状が改善し始めると言われています。

 

副作用と好転反応ってどう違うの?

田七人参
副作用は好転反応とは違って、健康的な部分が悪くなってしまう現象のことを言います。

 

しかし、好転反応とは言っても、あまりに症状がきつかったり長く続く場合は、サプリの量を減らしたり使用を停止したりする必要があります。

 

漢方薬にはよく言われることですが、胃腸の弱い方、または胃が弱っている人胃が痛んだり吐き気が多い人などは、最初は少ない量から試していくことをおすすめします。それは、このような体調の人が一番好転反応が出やすいからです。

 

ですので、胃腸の調子がいい時に飲んだり、量を減らしたりして試してみるか、お医者さんに服用の仕方を相談してみるのもいいかもしれません。

 

好転反応の例は、下痢や発熱、眠気や倦怠感、血圧の上昇や血糖値の上昇などです。

 

白井田七を試していて、このような症状に見舞われるようになった方はぜひ、好転反応を疑ってみてください。

 

そして薬の量を調整するなどして対処してみてください。それが過ぎればきっと改善していくはずです。

 

 

 LINEで送る

女性ホルモン増やし方 年代別

10代 女性ホルモン増やし方
20代 女性ホルモン増やし方


30代 女性ホルモン増やし方
40代 女性ホルモン増やし方


50代 女性ホルモン増やし方
60代 女性ホルモン増やし方