牛乳で更年期の骨粗鬆症を防ぎましょう!

更年期障害 牛乳,更年期障害 食べ物 牛乳

更年期とは、一般的に閉経前の5年と後の5年を合わせた10年間を指しています。更年期障害と呼ばれる不調が起こり、苦しんでいる女性がたくさんいます。

 

更年期障害は、女性ホルモンの分泌が急激に低下し、卵巣の働きが悪くなり、ホルモンバランスが崩れることが原因になります。

 

しかし、この時期に起こるのは更年期障害だけではありません。

 

女性ホルモンの1つであるエストロゲンには、骨からカルシウムが溶け出すことを防ぐ働きがあるので、それが急激に減ることで骨粗鬆症になる危険性が高まるのです。

 

 

骨粗鬆症(こつそしょうしょう)について

 

更年期障害 牛乳,更年期障害 食べ物 牛乳

骨粗鬆症とは、圧倒的に女性に多い生活習慣病の一種です。

 

骨の密度が低くなり構造的にもろくなることで、骨折しやすくなる病気です。

 

1度骨折すると、次々と骨折を繰り返すことが多く、寝たきりになってしまう危険性が高いです。

 

では、そんな危険な病気を防ぐためには、何をすればいいのでしょうか。

 

骨粗鬆症は日々の生活習慣と大きく関わりがあり、特に偏食やカルシウム不足、多量の喫煙・飲酒、運動不足やストレスが影響すると言われています。そのため、予防には食事と運動が大切です。

 

日本人はカルシウム不足な方が多いことについて

 

更年期障害 牛乳,更年期障害 食べ物 牛乳

ここでは、その中でもカルシウム不足という点に注目して紹介します。

 

カルシウムが骨を丈夫にするのに重要だということは、きっと誰でも子供の頃から教わってきたと思います。しかし、日本では1日のカルシウム摂取量が最低摂取量に達していないのが現状です。

 

カルシウムは野菜や小魚、大豆製品などの様々な食品に含まれていますが、忙しい生活の中できちんと摂るのは意外と難しいですよね。

 

そこで、気軽にできておすすめなのは、牛乳を飲むことです。

 

更年期障害 牛乳,更年期障害 食べ物 牛乳

朝晩、コップ1.杯分飲む習慣をつけましょう。苦手な人は、紅茶やコーヒーに混ぜて飲んだり、シチューやクリーム煮などの料理に利用したりすると楽に摂ることができます。

 

骨密度は18歳がピークとされています。10代の間に骨を意識し、大切にした生活を送ることが、将来の骨粗鬆症を防ぐことに繋がるのです。

 

牛乳などの乳製品を多く摂取することにより、幼少時期の骨密度の増加が促進されます。自分だけでなく、子供のカルシウム不足もしっかり防ぎましょう。

 

 

 LINEで送る

⇒ TOPページ 女性ホルモン増やすサプリ

女性ホルモン増やし方 年代別

10代 女性ホルモン増やし方
20代 女性ホルモン増やし方


30代 女性ホルモン増やし方
40代 女性ホルモン増やし方


50代 女性ホルモン増やし方
60代 女性ホルモン増やし方