更年期 を 乗り切る方法

更年期 乗り切る,更年期 乗り切る 方法

女性ホルモンバランスを整えるために心掛けたい事

ホルモンバランスの乱れによって生じる体の不調は、たくさんありますね。

 

主なものとしては・生理痛・更年期障害・ニキビ・精神的なイライラが続くといった症状などが思い浮かびます。

 

女性ホルモンを増やす方法とは?

 

体に必要な栄養素は、食事やサプリメントなどで補うことができますね。しかし、女性ホルモンはこのような方法で増やすということはほぼ不可能なのです。

 

ではどうすればよいのでしょうか?

 

それは「女性ホルモンを増やす」のではなく「体内のホルモンバランスを整える」ことに趣きを置くことがとても重要となってきます。

 

どんなことを行えばよいか、それは日常のちょっとしたことに気を配る程度の簡単なことばかりです。

 

砂糖を大量に摂取すると、ミネラルやビタミンの吸収を阻んでしまいます。このことは体調悪化の原因となってしまいます。

 

また、体内で糖分が代謝される際にはビタミンB群を多量に消費してしまいます。

 

ビタミンB群の消費は、ホルモンバランスの乱れを引き起こしてしまうのです。PMSや生理痛がひどいときには、糖分の摂取を控えると症状をやわらげてくれます。

 

姿勢を良くしてホルモンバランスを整える

 

常に良い姿勢を摂ることを心掛けることも、ホルモンバランスの乱れを整えるためにはとても重要です。

 

良い姿勢で日常生活を送り続けるとストレスホルモンの一種といわれるコルチゾールが減少するという結果が、アメリカのハーバード大学やコロンビア大学の研究結果で証明されています。

 

いい姿勢を取り続けると、呼吸が深くなり血流がよくなります。深呼吸をすると、疲れが取れてリラックス効果もアップしますね。血流がよくなりストレスが減少することで、ホルモンバランスの乱れは整うのです。

 

女性ホルモンを自律神経は、ともに大脳にある視床下部でコントロールされています。なので、女性ホルモンと自律神経はとても密接な関係にあるのです。

 

女性ホルモンのバランスの乱れによって生じる更年期障害の中でも、自律神経失調症に似た症状が出るという場合があります。

 

運動をすることでホルモンバランスが向上

 

運動不足は自律神経の働きに支障をきたしてしまいます。運動するときには、普段使わなかったり動かさない筋肉がほぐれます。これは血行を促進させることになります。

 

運動をすると体内に栄養や酸素がいきわたりやすくなります。そして運動すること自体が、交感神経の働きを活発にしてくれます。運動をすると汗をかきますね。

 

運動するときに出る汗は、体温を調節するために出るものです。体温調節機能がうまく働くことで副交感神経の働きが活発になります。

 

運動するといっても激しい運動ではなく、なるだけ歩くとか雑巾かけをするなど日常生活にほんのちょっと取り入れられるような程度の運動で、ホルモンバランスを整える効果は十分上がります。

 

栄養面では「女性の味方」として広く知られているイソフラボンやビタミンB群を含んだ食生活を心掛けることが、とても大切です。

 

サプリメントでも補うことは可能ですが、イソフラボンやビタミンB群を含んだ食材を積極的に摂ることも怠ってはいけません。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加     LINEで送る

女性ホルモン増やし方 年代別

10代 女性ホルモン増やし方
20代 女性ホルモン増やし方


30代 女性ホルモン増やし方
40代 女性ホルモン増やし方


50代 女性ホルモン増やし方
60代 女性ホルモン増やし方