アルコールは更年期障害に悪いの?

更年期 お酒,更年期 アルコール
お酒を好きな人はたくさんいます。

 

昔はあまり女性はお酒を飲まないイメージがありましたが、今では女性もいろいろなお酒を飲んで楽しめるようになりましたね。

 

しかし、アルコールを過剰に摂取してしまうと、体に悪影響を及ぼしてしまう場合があるんですよ。

 

更年期障害のアルコールは危険!

ビール

更年期障害になると、常に身体にだるさを覚えたり調子が悪い日が続きますよね。

 

そんな時にお酒を飲んで紛らわそうとする人も多いと思います。

 

昔は、お酒は百薬の長だと言われていたのを知っていますか?

 

しかし、アルコールを過剰に摂取すると更年期の症状に悪影響を及ぼしてしまいます。

 

アルコール依存症

 

更年期障害では、体調に変化があるのと同時に精神面でも変化が現れてきます。そのために、些細なことにイライラしてしまうことはありますよね。

 

その口調や行動がさらに自分へのストレスとなってしまって余計に気分が落ち込んでしまうこともあると思います。

 

このようなイライラの症状は、女性ホルモンのエストロゲンが減少して起こります。強いストレスをなんとかしたくて、飲酒してしまう女性もたくさんいます。

 

女性の場合は男性よりも血中のアルコール濃度が高くなるスピードが速いと言われていますので、飲みすぎてしまうとアルコール依存症になってしまう可能性があります。

 

更年期の症状を改善させるには、お酒の飲みすぎに注意すること、また食事のバランスに気を付けることも必要です。

 

飲みすぎは逆に病気を招いてしまいますので、ミネラルウォーターに変えるなど、アルコールを摂取しすぎないように注意してくださいね。

 

また、更年期障害のこの時期にお酒を飲み続けると肥満になってしまう可能性もあります。

 

普通にしていても糖尿病などを発症してしまう危険性がありますが、アルコールの代謝機能が弱い女性がたくさん飲んでしまうと、さらにリスクを高める必要があります。

 

一番はお酒を飲まない禁酒をするのがいいと思います。

 

しかし、一気にやめるのは難しいと思いますが、少しずつでも量を減らしていくように努力してみてください。

 

それでも解決できない時は、お医者さんなどに相談することをオススメします。

 

 

 LINEで送る

女性ホルモン増やし方 年代別

10代 女性ホルモン増やし方
20代 女性ホルモン増やし方


30代 女性ホルモン増やし方
40代 女性ホルモン増やし方


50代 女性ホルモン増やし方
60代 女性ホルモン増やし方