女性ホルモントラブルで便秘になりやすい?

女性 キャリアウーマン

女性は男性に比べて、便秘になりやすいと言われています。便秘は辛いですよね。

 

お腹がはったり、便秘から来る肌荒れに悩まされる人も多いと思います。

 

原因は諸説ありますが、これはホルモンバランスも影響していると言われています。

 

ホルモンが便秘を引き起こす?

 

困っている 花

女性ホルモンには2つあり、そのうちの1つであるエストロゲンは、女性らしい体を作ってくれ、排卵に必要な卵子を育ててくれると言われています。

 

排卵日が近づいてくると、エストロゲンの分泌量は増えて、体も元気で活動的になると言われています。

 

体が元気になるということは内面の働きも元気になりますので、もちろん腸の働きも元気になると言えます。

 

便秘状態 腸

反対に、排卵後はプロゲステロンの動きが激しくなるといえるでしょう。このホルモンは水分をカラダ中にため込んでしまい、体温を上昇させる役割を果たします。

 

腸にガスが溜まり腸内環境が悪循環に陥ることもあると言われています。

 

このホルモンは、イライラなどを含んだメンタル的な不安も招くと指摘されており、このストレスで便秘が勃発してしまう人も少なくありません。

 

この悪循環を正さなければ、便秘も治りませんし、お肌のトラブルも治らないということになりますね。

 

ホルモン周期を考えた方法で便秘改善!

 

嬉しい 女性

様々なケースがありますが、心身のバランスが影響しホルモンが乱れ、苦しい便秘の症状を引き起こす要因になります

 

そのような不調をきたさない為にも、身体のめぐりを良くして、心身やホルモンを整える事が何より大切です。

 

また、水も大切です。水は天然の便秘薬と言われているのを知っていますか?

 

水をたくさん飲むようにすれば、ある程度の便秘は解消されると言われているんですよ。便秘になるとエストロゲンが減少すると言われています。

 

腸内に悪玉菌が増殖してしまうため、様々なところに影響を及ぼします。普段から便秘にならない体質を作ることはとても大切なんです。

 

便秘解消

食物繊維の豊富な食品を摂取することで、腸に刺激を与えてくれ排便を促進してくれます。

 

大切なのは朝食をしっかり食べるということです。交感神経が活性化されますので、お味噌汁などの和食を中心に食べてみてはいかがでしょうか。

 

このような普段から生活習慣を整えることが、体に良い栄養素を摂取することにもなりますし、ホルモンバランスを正常に保つことができますので、便秘解消にもつながります。このやり方なら、肌ダメージもブロックすることが可能だと思いますよ。

 

女性ホルモントラブルで下痢になったりするの?

 

悩んでいる 女性

女性は体に不調が出やすいと言われています。

 

特に女性特有の生理の前後には、様々なトラブルに見舞われますよね。

 

生理のたびに下痢になってしまう人も少なくありません。

 

では、どうして下痢になってしまうのでしょうか?

 

女性ホルモンと下痢の関係とは

 

”下痢で苦しむ 女性 /></p>
<p>便秘や下痢と言ったお腹のトラブルは、男性に比べて女性の方がなりやすいと言われています。</p>
<p> </p>
<p>これらの症状には原因がいくつかあります。食物繊維の摂取量、運度やストレス、水分の摂取量など様々です。</p>
<p> </p>
<p>女性の場合、女性ホルモンが原因となっていることが多いと言われています。通常であれば月経の前には便秘に、生理中は下痢がやってくるとされているようです。プロゲステロンの分泌量も増えてくるそうです。</p>
<p> </p>
<p>これにより、腸の働きが鈍くなってしまい、代謝機能も衰えるため便秘気味になりやすいそうです。</p>
<p> </p>
<p><span style=逆に生理は始まると、プロゲステロンは減少していきますので便通はもとに戻ります。

 

別の物質が腸に作用し、腸が活発に動きすぎることで下痢になってしまうのです。

 

下痢を改善する方法を教えて!

 

女性 疑問

便秘や下痢に悩まされている日々は非常に辛いですよね。では、どのようにしたら改善できるのでしょうか。

 

一般的に熱や冷えは便秘の原因になると言われていますが、実は下痢の場合も同じです。

 

冷えているなら温め、熱いなら冷やすことで巡りがよくなってくると言えます。これがホルモンのバランスを保ち、正常に働いてくれることにもつながります。

 

規定通りの毎日を過ごしていくことこそが自律神経を正常に保ち、プレッシャーや過労を防ぐことが可能だと思います。

 

カイロ

下痢には何より冷えは大敵となります。お腹を冷やさないように、腹巻やカイロなどで直接温めるのはもちろん、体を温める効果のある食材を摂取することも必要です。

 

下痢の症状は軽減することができます。治らないものではありません。ホルモンバランスが乱れないように日ごろから気を付けて生活していくように心がけてみましょう。

 

 

 LINEで送る

女性ホルモン増やし方 年代別

10代 女性ホルモン増やし方
20代 女性ホルモン増やし方


30代 女性ホルモン増やし方
40代 女性ホルモン増やし方


50代 女性ホルモン増やし方
60代 女性ホルモン増やし方