女性ホルモンの味方!亜鉛の効果を知っていますか?

女性ホルモン 亜鉛,女性ホルモンを増やす食べ物 亜鉛

女性ホルモンと聞いて、真っ先に思い浮かぶのは大豆イソフラボン。女性ホルモンと同じ働きを持つ成分としてよく知られています。

 

しかし、女性ホルモンバランスの乱れに効果のある物質は、大豆イソフラボンの他にもたくさんあること、知っていますか?

 

今回紹介するのは、亜鉛です!亜鉛と聞くと毒物のように感じる人も多いと思いますが、実は人間の体に重要な栄養素なんです。

 

その役割は多岐にわたり、300以上のホルモンの分泌調整に関わっていると言われてます。

 

女性にとっては重要な、肌の代謝やキューティクル生成にも亜鉛の量が関係しています。

 

 

亜鉛と女性ホルモンはどのような関係?

 

女性ホルモン 亜鉛,女性ホルモンを増やす食べ物 亜鉛

亜鉛と女性ホルモンはどのような関係があるのでしょうか?

 

女性ホルモンの中で、特に有名なのがエストロゲンです。エストロゲンは排卵を誘発したり、女性らしさをUPする働きを持っています。

 

生理後に肌がつやつやになったり、髪質が良くなるのはこのホルモンの影響です。

 

しかし、このエストロゲンがストレスの影響によって分泌が減ってしまうと、更年期障害のような症状を引き起こすことがあります。20代、30代でも若年性更年期障害を発症する人が少なくありません。

 

女性ホルモン 亜鉛,女性ホルモンを増やす食べ物 亜鉛

では、どうしてストレスがかかるとエストロゲンが減ってしまうのでしょう?それは、エストロゲンの分泌を促す、卵胞刺激ホルモン(FSH)が減ってしまうからなんです。

 

卵巣刺激ホルモンは脳下垂体と呼ばれるところで調整されているのですが、脳下垂体は自律神経の中枢でもあり、ストレスの影響を大きく受ける場所なんです。

 

よって、ストレスがかかると卵巣刺激ホルモンが減ってしまい、エストロゲンが分泌されにくくなる、という仕組みなんです。

 

亜鉛の効果とは?

 

女性ホルモン 亜鉛,女性ホルモンを増やす食べ物 亜鉛

そこで重要なのが、亜鉛です。亜鉛には、卵巣刺激ホルモンの生成を促進するという働きがあります。亜鉛を摂取すれば、卵巣刺激ホルモンが増え、女性ホルモンが活性化する!という事なんですね。

 

亜鉛を摂取すれば女性ホルモンのバランスがとれ、肌荒れの改善や月経不順の改善につながります。また、同時に薄毛や髪質の改善、味覚障害の改善等にも効果があります。

 

そんな亜鉛ですが、1日の適正摂取量は19歳以上で8mgとされています。しかし、残念ながら日本人の平均的な食事では摂取量が不足しているのが現状です。

 

更に、亜鉛は食物からの吸収率が30%と低くなっています。これでは、なかなか食事だけで亜鉛を十分に摂取するのは至難の業ですね。

 

そこで、良質なサプリメントを食事と一緒に取ることが必要です。亜鉛単独の摂取は栄養素の偏りを招くため、専門家のもとで行うことが望ましいと言われています。

 

市販のサプリメントを使用する場合は、ミネラルなどの栄養素が含まれたアルファルファなどを使用することをお勧めします。亜鉛を上手に取り入れて美肌を手に入れましょう!

 

 

 LINEで送る

⇒ TOPページ 女性ホルモンサプリ ランキング

女性ホルモン増やし方 年代別

10代 女性ホルモン増やし方
20代 女性ホルモン増やし方


30代 女性ホルモン増やし方
40代 女性ホルモン増やし方


50代 女性ホルモン増やし方
60代 女性ホルモン増やし方