マッサージで女性ホルモンを増やす方法について!

マッサージされる女性

女性としてキレイでいるためには、やっぱり女性ホルモンは欠かせません。

 

しかしながら年齢とともに、ホルモンの分泌は減少していき、40代後半から50代にかけては更年期障害に悩まされる原因となるほど、女性には重要なのです。

 

もちろん個人差もあって、更年期障害をほとんど感じない人もいます。

 

簡単なケアでホルモンバランスを整え、アンチエイジング効果美肌バストアップなどが期待できるのなら是非試してみたいと思いますよね。

 

 

生活習慣から改善が必要

 

バランスの良い食事

イソフラボンなど女性ホルモンに効果的な豆類や果物、良質なたんぱく質を摂取して、適度な運動を習慣づけしていく努力は必要です。

 

後は空いた時間や、寝る前などにちょっとしたケア等をすることで、より効果が増します。

 

肩こりや、腰痛などでマッサージに行ったことはありますか?とっても気持ちいいしすっきりするんですよね。

 

コリを感じたときに、肩甲骨を少し回しただけでも、血液のめぐりを感じる事もあります。人の手でマッサージする事は、リラックス効果も得られるので是非試してほしいのです。

 

女性ホルモンの分泌を促すマッサージやツボ

 

女性 解説

女性ホルモンを増やす方法としてマッサージは、ブログなどでも多く取り入れられているようですよ。

 

肘と肩を水平にあげて背筋を伸ばします。更に、肩の付け根からひねる事でつぼが刺激されて、カラダの機能を正常に整え、副腎皮質ホルモンの分泌をうながす作用があります。

 

首から上にも女性ホルモンを刺激するつぼとして「耳門」(じもん)があります。耳の上 コメカミとの栄え目で凹んだ部分です。

 

もうひとつ「えいふう」という耳たぶの裏のへこんだ部分のつぼです。

 

女性ホルモンアップだけではなく、顔のむくみも解消されちゃう嬉しい効果の期待できる場所、息を吐きながら軽くマッサージしてあげるといいですよ。

 

耳には沢山ツボがあるので色々調べてマッサージするのもいいかも。

 

女性ホルモンとバストアップには

 

ふんわり バスト

胸の谷間の部分の凹みに壇中というツボがあって、夜に両手をそろえて指を三本重ねて息をゆっくりと吐きながら少しずつ刺激を与えます。

 

しかしいくら効果的だからといって、やりすぎると逆効果なので数回だけ、ストレス緩和にも効くそうですよ。

 

女性ホルモンが不足すると足の裏の血色がわるくなるので、足裏もマッサージ。第二の心臓というほど足にはツボが沢山あるんです。

 

かかとの内側の角質が固くなっている場合は、子宮の内側が固くなっているかも、足の薬指を揉み解してあげるといいですよ。くるぶしの内側の盛り上がりから指4本ほど上にあるつぼは、女性機能の改善と疲労回復にも効果あり。

 

大腿骨の内側に血海というつぼがあって、生殖器の血液循環を促し、女性ホルモンを正常化してきれるので生理痛も緩和されるんですよ。他にも色々あるので試してみたいですね。

 

女性ホルモンを増やす方法 ページヘ

 

 

 LINEで送る

女性ホルモン増やし方 年代別

10代 女性ホルモン増やし方
20代 女性ホルモン増やし方


30代 女性ホルモン増やし方
40代 女性ホルモン増やし方


50代 女性ホルモン増やし方
60代 女性ホルモン増やし方

関連ページ

生活習慣を見直す
女性ホルモンを高めることが、いつまでも若々しくいたい方には大切なポイント!こちらでは普段の生活習慣を見直し、キレイになりたい、バストアップしたい、不快な症状を緩和したい!という女性に役立つ方法を、詳しくご紹介しています。
ストレッチや軽い運動
女性ホルモン作用はバストアップや美肌を育み、メンタルや体調にまで作用しています!減ってしまうことにより様々な不調を招く原因にも。。こちらでは簡単にできる、女性ホルモンを増やすストレッチや運動をご紹介しています!
アロマでストレス緩和して増やす!
アロマオイルの種類
女性ホルモンを増やす方法の一つに、アロマテラピーがあります。匂いも様々で、人によっては好きな種類も好みが分かれると思います。そんなアロマですが、ここでは女性ホルモンを増やす様々な種類のアロマオイルについて、詳しく解説していきたいと思います。
漢方で女性ホルモンを増やす
ホルモン補充療法で更年期障害を改善