ホルモン補充療法で女性ホルモンを増やす

悩む女性

女性ホルモンを増やす方法の一つに、ホルモン補充療法と言われるものがあります。

 

実際、サプリメントや漢方で手軽に女性ホルモンを増やすことが多くなってきていますが、ホルモン補充療法というとなんだか怖いですし、大変そうな気がします。しかし、更年期障害で悩んでいる人たちにとっては、一刻も早く効果を得たいですよね。

 

そこで、ホルモン補充療法の効果、期間、副作用について、詳しく解説していきたいと思います。更に、健康保険など適用して使用することが出来るのか、紹介していきますね!

 

女性ホルモンサプリや漢方などで、どうしても効果を実感出来なかった場合、試してみる価値はありますね。

 

 

ホルモン補充療法とはいったいどういった治療?

 

若い女性

みなさんは、ホルモン補充療法という言葉を聞いたり知っていたりしますか?

 

欧米では有名らしいのですが、日本ではまだまだ知名度が低いことかと思います。

 

今日は、そんなホルモン補充療法について、どのような治療方法なのかご紹介しますね。

 

治療方法を知る!

 

女性 ポイント

ホルモン補充療法とは、女性ホルモンのエストロゲンを補充していく治療法です。

 

この療法を使用することで、更年期障害を改善できると言われています。

 

ほてりのぼせ発汗などの代表的な症状に効果があると言われています。一つに補充療法と言っても、いくつかの手法が存在するのですよ。

 

通常は、子宮のある側は子宮体ガンを予防することを考えて、黄体ホルモンという女性ホルモンを併せて用いると言われています。薬の種類も様々で、のみ薬や貼り薬、塗り薬などがあります。

 

エストロゲンの低下が主な原因である、自律神経失調症の緩和や、身体的、精神的な症状の改善、健康維持や骨粗しょう症の改善、動脈硬化にも効果があると言われています。

 

加齢によって引き起こされる症状について

 

ハーブ

これらは、ホルモンの分泌量によって引き起こされるものです。しかし、逆にバランスが整えば、いつまでも若々しく健康で過ごせるということですよね。

 

どの投与方法にしても、自然と代謝を促してくれますので、副作用をあまり感じることなく使用できるようになってきていると言われています。

 

加齢とともに減少したホルモンを、若いころの状態に戻してくれ、老化現象をストップさせ、身体内外両面を若返らせてくれるという方法です。

 

注意しておきたいこと

 

病院


年を取ると、ダイエットや美容などどんなに頑張ってもなかなか結果がでないことが多いですよね。特にお肌の調子を整えるのは大変です。アンチエイジング効果も期待できるなら、ぜひ一度挑戦してみたいですよね。

 

ホルモン補充療法は、最適な量を維持することが大切だと言われています。

 

そういうことから、クリニックなどでお医者さんに管理していただきながら治療にあたることをおススメします。効果も高く今注目されている治療法ですので、ぜひ一度相談してみてください。

 

女性ホルモンの悩み ページヘ

 

ホルモン補充療法の効果ってどれくらい?

 

悩んでいる女性

ホルモン補充治療とは、今巷で注目されている治療方法です。

 

女性ホルモンが減少していってしまい、更年期障害に悩む方にとって、いろいろなメディアにも着目されています。

 

今回は、この効果がどのようなものなのか調べてみましたので、ご紹介しますね。

 

ホルモン補充療法の効果とは

 

ナース チェック

この治療方法は、更年期症状や更年期障害の治療のための方法です。

 

閉経前後には、エストロゲンが不足してくることから起こる異変ではありますが、飲み薬や貼り薬としてホルモンを満たしていく方法だと評されています。

 

このエストロゲンを補充していくという事から、ホルモンバランスが整ってくると考えられています。そうしますと自律神経が安定し、自律神経失調症などで患っていた症状を緩和することができます。

 

星 装飾

更年期障害の症状の1つであるホットフラッシュや、冷え動悸などの不調も改善されやすくなるとも言われています。骨粗しょう症や、コレステロール値の上昇を防ぐ効果もあるそうですよ。

 

特に、今の社会は高齢化です。女性は閉経後から30年近くも人生が続きます。その30年をエストロゲンがない状態で過ごすと、様々な症状が体を襲ってきてしまいます。閉経後でも元気に健康で生活していきたいですよね。

 

そのためにも、ホルモン補充療法を選ぶことは意味のあることだと言えます。

 

不安を取り除いて治療してみましょう!

 

クリニック

補充療法と聞いても、どのようなものかあまり知られていないため、不安に思う人も多いと思います。

 

更年期障害によく効く治療法として、欧米ではずいぶん前からこの治療法が用いられているようです。ところが、副作用を持っているのも検証されています。副作用には、不正出血や乳房のハリ、吐き気などが挙げられます。

 

このような副作用が出ても、薬の頻度や量で調節することができます。また、以前に乳がんの危険性が高いと言われたこともありました。

 

国際的に解析され、乳がんのリスクはなく更年期の女性にとって、メリットの多い治療法だという検証が行われました。

 

リスクやデメリットを理解したうえで、治療に臨むことが非常に大切だと言えます。興味を持った方はぜひ、お近くのレディースクリニックに相談してみてはどうでしょうか。

 

更年期障害 サプリメント ページヘ

 

ホルモン補充療法は健康保険が適用?

 

女性 不安

ホルモン状態を正常に保つためや、分泌量を調整するためにホルモン補充療法が治療の一つとして有名です。

 

ホルモン補充療法は、略称してHRTとも言われていますよね。そこで気になる点として、HRTは健康保険が使えるのでしょうか?

 

使えるなら、きっとこれまで悩んできた方にもうれしいお話ですよね。

 

ホルモン補充療法とは

 

ナース ポイント

更年期障害の症状や治療のために、女性ホルモンのエストロゲンを補充するために使用される療法です。

 

欧米や北欧を主として、更年期世代の女性に処方を実施しているとのことです。

 

日本でも治療できるクリニックが豊富にありますが、飲み薬や貼り薬、塗り薬などが主な処方形式で、これらには健康保険が適用されています。

 

健康保険が適用されると知ると、クリニックに行きやすくなるのではないでしょうか。

 

保険適用の製材とは

 

健康保険

エストロゲンと黄体ホルモンの、2種類を基本的には使用すると言われています。

 

この2つのうち、黄体ホルモンは、生理のように出血を起こしてしまって、子宮内膜の増殖を防ぐ目的に使用されると言われています。

 

錠剤にするのか、パッチかジェル剤かはお医者さんに診断してもらって決めてくださいね。

 

塗り薬や貼り薬は、薬を飲んで胃が荒れやすかったり、肝機能障害や高コレステロールの人にもおススメです。

 

ホルモン補充療法に効果のある症状とは

 

スター

基本的には、更年期障害の諸症状に効果がありますので、ホットフラッシュ発汗などや、動悸自律神経の不調などにも効果が期待できます。

 

また、骨粗しょう症の予防や改善にも効果的です。

 

このような更年期症状以外にも、脂質異常を改善してくれたり、不眠症状の改善、ハリや潤いのあれうお肌へ導いてくれたりと女性にとってうれしい効果も期待できますよ。

 

ホルモン補充療法は、漢方薬や抗うつ薬、抗不安薬と併用して活用するケースがあります。

 

辛い事態をやわらげるうえでも、ぜひ役に立ててみることをお奨めします。お医者さんにきちんと不調の症状を伝え、ぜひ快適な暮らしを取り戻しましょう!

 

更年期障害 対策 ページヘ

 

ホルモン補充療法はどの位の期間治療するのか?

 

前向きな女性

ホルモン補充療法を、もし始めたとして気になることでいうと、その治療期間になります。

 

女性ホルモンサプリと違い、病院やクリニックに通わなくて行けなくなるわけですから、なるべく短期間で済ませたいものです。

 

そこで今回は、ホルモン補充療法の治療期間についてご紹介しますね!

 

ホルモン補充療法の治療期間とは

 

女医 指し棒

女性は40代後半になると、女性ホルモンの分泌量も減少してきます。

 

そのスピードには個人差はありますが、一般的には40代後半くらいからだと言われています。

 

この時期には、更年期障害を引き起こす女性も増えており、体の不調を感じる人も増えています。

 

このような更年期症状には、ホルモン補充療法が良いと言われているのですが、お医者さんに行って問診や検査を受けて、エストロゲンの規定値が基準以下となった場合に、上記の治療法を使用すると言われています。

 

時計

では、治療を始めたらどのくらい続ければいいのでしょうか?これにも個人差があります。

 

何かしらの体調不良が見受けられて治療を開始しますが、1カ月半から半年くらい飲んでみて調子がいいなら続けることもできますし、変化がないとなればやめることができます。

 

ある意味、それがこの治療法のメリットでもあると言えます。

 

一般的には、2〜3年、遅くても5年もすれば症状が軽くなると言われています。

 

5年以上続けてなにも変化がなければ、更年期障害が原因ではない可能性も考えられます。

 

更年期障害以外にも女性にうれしい効果あり!

 

桜 花びら

これまで更年期に特化した話をしてきましたが、ホルモン補充療法はホルモンを補充することによって、若返りを望めるものです。

 

更年期障害に拘ることなく、骨密度の改善認知症の予防生活習慣病の予防などあらゆる面で良い結果が期待できます。

 

女性の美容と健康にうれしい効果があるものですので、本人の考え方次第で薬の量を減らしたり、弱めの薬に切り替えたりと、自由に変更をすることができます。

 

一時期は、この治療法で乳がんの発生リスクが高まるという情報が出たことがありますが、検証が進められ、そのようなことはないということが分かりました。そのため、安心して継続していただけます。

 

しかし、使用する際は、今の自分の身体の状況を医師と相談しながら、治療期間や投与方法を決めていくようにしてくださいね。

 

ホルモン補充療法で副作用はないのか?

 

女性 気になる

女性ホルモンを補うための治療法として有効なホルモン補充療法ですが、女性ホルモンバランスを整えて、快適な生活を送りたいですよね。

 

特に更年期障害で悩んでいる女性にとって、この療法はとても魅力的なものだと思います。しかし、魅力的な療法だと言っても、副作用はないのでしょうか。

 

ホルモン補充療法の副作用とは

 

ナース こちら

女性らしい体つきになるには、女性ホルモンのエストロゲンが必要です。

 

そして、妊娠のためのプロゲステロンも、大きく影響を及ぼしています。

 

閉経前後の10年間を更年期と言いますが、そういった部分からエストロゲンが縮減していき、分泌量は急激に低下していってしまいます。

 

急激にエストロゲンの分泌量が低下してしまうと、女性の身体のいろんな箇所に症状が出始めてしまいます。

 

例えば、月経の周期が乱れてしまったり、ほてりや発汗、動悸や息切れなどの不定愁訴があらわれ、日常生活に支障をきたすほどになります。

 

サクラ

このような症状を改善できるのが、ホルモン補充療法です。

 

飲み薬や貼り薬を使用して、エストロゲンを補充していくことによって、症状が軽減されると言われています。

 

しかし、副作用もないとは言えません。体が治療に慣れてくるまでは、1〜2か月くらいかかると言われています。

 

考えられる副作用には、不正出血乳房のハリ子宮がんのリスク体重増加食欲増進などがあります。

 

ホルモン補充療法と乳がんの関係性とは

 

考える女性

副作用の中で最も心配されているのが、乳がんのリスクです。昔は、海外の研究結果で、乳がんの危険性が高いと言われていました。

 

これは行き過ぎた解釈に過ぎず、リスクも見直されて更年期の女性にとって、メリットの多い治療として評価されています。

 

HRTの治療をされていらっしゃる方に、乳がんの危険度が増えるということはなく、むしろ未経験者であればあるほど危険性が高いと言われているほどです。

 

安全性も高いとされている療法だからこそ、心配しなくて大丈夫ですね。

 

お肌の事を本気で考えたプラセンタサプリ

 

 LINEで送る

女性ホルモン増やし方 年代別

10代 女性ホルモン増やし方
20代 女性ホルモン増やし方


30代 女性ホルモン増やし方
40代 女性ホルモン増やし方


50代 女性ホルモン増やし方
60代 女性ホルモン増やし方

関連ページ

生活習慣を見直す
女性ホルモンを高めることが、いつまでも若々しくいたい方には大切なポイント!こちらでは普段の生活習慣を見直し、キレイになりたい、バストアップしたい、不快な症状を緩和したい!という女性に役立つ方法を、詳しくご紹介しています。
ストレッチや軽い運動
女性ホルモン作用はバストアップや美肌を育み、メンタルや体調にまで作用しています!減ってしまうことにより様々な不調を招く原因にも。。こちらでは簡単にできる、女性ホルモンを増やすストレッチや運動をご紹介しています!
アロマでストレス緩和して増やす!
アロマオイルの種類
女性ホルモンを増やす方法の一つに、アロマテラピーがあります。匂いも様々で、人によっては好きな種類も好みが分かれると思います。そんなアロマですが、ここでは女性ホルモンを増やす様々な種類のアロマオイルについて、詳しく解説していきたいと思います。
マッサージで女性ホルモンを増やす
漢方で女性ホルモンを増やす