近年増えてきている女性の痛風とは?

痛風で悩む女性

痛風は男の病気、というイメージありませんか。

 

実際、1992年に東京女子医大が行った調査では、男性が98.5%、女性はわずか1.5%でした。

 

しかし、近年女性の痛風患者が増えてきています。それには女性ホルモンが深く関係しています。

 

女性は男性と比べて痛風にはなりにくい?

 

女医 ガッツポーズ

そもそも、痛風の圧倒的な男女差は、原因である尿酸の血中濃度の割合にあります。

 

女性ホルモンに、腎臓より尿酸の放出を活発化させる作用があるため、血中濃度は女性の方が男の人より抑えられているという訳です。

 

血中の尿酸値の濃さを血清尿酸値と称します。痛風発作はこの血清尿酸値が7.0mg/dLを越える状態が数年以上続かないと起きません。

 

男性は平均値から1.5 mg/dLの上昇でこの数値に到達してしまいますが、女の人の場合3.0mg/dL越えでアップしなければ到達しないこともあって、なかなか痛風にはならないといえます。

 

ハート

しかし、これは女性ホルモンの良い影響がしっかり出ているからこそのものです。

 

閉経後には女性ホルモンの分泌が著しく低下するため、尿酸値は少し上昇します。つまり高齢の場合、男女の尿酸値の差は縮まるのです。

 

ところが、近年は閉経前でも女性ホルモンが低い女性が増えてきています。

 

食生活の欧米化などの乱れや、男性と同様の社会進出による多忙やストレスにより、男性化が進んでいるのです。

 

これは単に女性らしさがなくなるということではなく、女性の身体に健康面で悪影響を与えます。痛風の患者も増えてきているので、注意が必要です。

 

そもそも痛風とは?

 

ナース ポイント

そもそも女性は、意外と痛風について詳しく知らない人も多いのではないでしょうか。

 

痛風という名前は、風が吹いただけでも痛いということからつけられています。それだけ激痛を伴う上、一度発症すると完治は難しいとされています。

 

痛風の症状は、とにかく腫れと痛みです。足の親指の付け根の関節に発症する場合が多いですが、膝や肘、手首や指の関節などに発症することもあります。

 

カルテ

発作的な痛みは1〜2週間ほどで治まることが多いですが、放置していると半年から数年を経て再発してしまいます。

 

こんな辛い痛風にはなりたくないですよね。女性だから関係ないと思わず、健康診断などで尿酸値にも目を向けてみて下さいね。

 

痛風は、食生活の乱れストレス運動不足などの生活習慣が原因とされています。健康的な生活を心がけましょう。

 

 

 LINEで送る

更年期障害サプリ ランキング ページへ

女性ホルモン増やし方 年代別

10代 女性ホルモン増やし方
20代 女性ホルモン増やし方


30代 女性ホルモン増やし方
40代 女性ホルモン増やし方


50代 女性ホルモン増やし方
60代 女性ホルモン増やし方