女性ホルモンは糖尿病にも関係する!?

悩んでいる女性

糖尿病は、かなり有名で身近にある病気ですよね。聞いたことがない人はほとんどいないと思います。

 

そんな糖尿病も、女性ホルモンと関わりがあると知っていますか。

 

今回は、女性ホルモンとの関連性についてご紹介します。

 

まず、糖尿病とはインスリンの作用が不十分なためにブドウ糖が有効利用されず、血糖値が高くなっている状態のことです。放っておくと全身に様々な影響が出ます。

 

悩みがある女性 イラスト

主な症状は、多尿、のどが渇く、体重の減少、疲れやすくなるなどですが、軽度だと症状が無い状態のまま、ジワジワと進行することも考えられます。

 

血糖値が高い状況がしばらく続くと、合併症に見舞われる確率が高くなってきます。脳卒中や、心筋梗塞などを引き起こすこともあるので、大変危険です。

 

女性ホルモンと関係がある糖尿病とは?

 

女医 虫眼鏡

そんな気を付けなければいけない血糖値ですが、これが女性ホルモンと関連性があるのです。

 

女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲストロンがあります。エストロゲンは、インスリンが効き易くなってしまうという性質があり、血糖値が落ちやすくなるとされています。

 

反対に、プロゲストロンはインスリンの抵抗する力を上げ、血糖値は上昇しやすくなってしまいます。このお蔭で、エストロゲンが減少する閉経後は、血糖値が急騰する可能性が高まり、糖尿病を引き起こす要因になるのです。

 

また、エストロゲンにはコレステロールを食い止める効果もあり、内臓脂肪を新陳代謝を活発にさせる働きを見せるのです。エストロゲンが減少する更年期には内臓脂肪が付きやすくなり、それによりインスリン抵抗性が上がるため、血糖値がアップしやすくなってしまいます。

 

内臓脂肪がつきやすくなる更年期に糖尿病になりやすい?

 

汗

内臓脂肪というと、男性がメタボリックシンドロームで悩んでいるイメージですが、女性は更年期を過ぎると男性よりも内臓脂肪がつきやすくなるため、急激に糖尿病のリスクが高まってしまうのです。

 

女性ホルモンを増やすのは、美容のためというイメージがありますが、このように健康面にも大きな影響を与えています。

 

美容にそこまで関心がない人も、ぜひ女性ホルモンを増やす習慣を心がけてみましょう。

 

 

 LINEで送る

女性ホルモン増やし方 年代別

10代 女性ホルモン増やし方
20代 女性ホルモン増やし方


30代 女性ホルモン増やし方
40代 女性ホルモン増やし方


50代 女性ホルモン増やし方
60代 女性ホルモン増やし方