関節リウマチと女性ホルモンの関係

腕組む女性

関節が痛み、腫れる病気である関節リウマチですが、患者の8割が女性だということを知っていましたか。

 

実はその理由は、女性ホルモンと深く関係しているからだと言われています。まず、関節リウマチとはどういう病気なのかをお話ししていきますね。

 

関節リウマチの症状について

 

女医 指し棒

主な症状は、関節の痛みや腫れで、左手の関節が腫れたら右手の関節も腫れるというように、左右の関節に症状があらわれます。

 

全身がだるく、疲れやすくなり、朝起きた時に手や足を動かしにくいというこわばりの症状が出たりします。

 

膝や肘、手首の関節、足の指などあらゆる関節に症状が起きることも多く、症状が進行するとやがて軟骨や骨を壊してしまいます。

 

そのため、適切な治療をしないと関節が変形して動かなくなり、日常生活にすら支障をきたします。さらに関節だけでなく、貧血肺の炎症微熱など様々な症状を併発することもあり、とても大変な病気です。

 

更年期で悩む女性

関節リウマチは、未だに決定的な原因が解明されていません。しかし、異常な自己免疫反応が関係すると考えられています。

 

免疫とは、外部から侵入してくる細菌やウイルスから守ってくれるシステムです。

 

ところが、これが自分の身体を形作っている細胞や成分を異物とみなしてしまい、抗体を作って自分の身体を攻撃してしまうということが見られます。こういったものを自己免疫疾患と呼びます。

 

女性ホルモンとの関係について

 

桜

ここからが、女性ホルモンとの関係についてです。実は関節リウマチに限らず、自己免疫疾患の病気にかかるのは圧倒的に女性が多く、それが女性ホルモンの影響を受けていると考えられるのです。

 

もちろん直接の原因になっているというわけではありませんが、女性ホルモンには自己抗体の働きや、免疫反応を促すサイトカインなどの物質を活性化させる効果があります。

 

特に、女性ホルモンのうちエストロゲンとプロラクチンに、このような働きがあるとされています。

 

装飾 紫の花

関節リウマチは月経のある年代で発症することが多く、閉経後は分泌されなくなるエストロゲンとの関連性が考えられます。

 

女性ホルモンとの関わりを知っているからといって、病気の発症を防げるわけではありませんが、こういった病気になる可能性が、男性より高いということを心にとめておきましょう。

 

事前に症状を知っておくことが、早期発見にも繋がりますよ。

 

 

 LINEで送る

女性ホルモン増やし方 年代別

10代 女性ホルモン増やし方
20代 女性ホルモン増やし方


30代 女性ホルモン増やし方
40代 女性ホルモン増やし方


50代 女性ホルモン増やし方
60代 女性ホルモン増やし方