よく聞く月経前症候群とは

PMSで悩む若い女性

最近、女性の中で生理前の時期に起こる、月経前症候群の症状を訴える人が増えてきており、症状もかなり重い人もいるので注目されております。

 

人によって症状も、そもそもの月経周期も全然番うので全くそういった症状のない人もいますが、3割から4割の女性が月経前症候群に悩まされています。

 

重な症状については後で解説していきますが、一説によるとホルモンバランスだけでなく、生活習慣の変化冷え性などが影響しているとされています。

 

また、骨の歪みなども原因として挙げられているだけに、今そういった症状のない人でも他人事ではない気がします。

 

主な症状について

 

女医 こちらへ

月経前症候群は、そうしても生理痛などと同じように、頭痛吐き気腰の痛みなど外側への刺激のイメージがある人も多いかもしれませんが、精神的にも大きな影響を及ぼします。

 

感受性が豊かになり、ちょっとしたことで涙してしまったり、普段なら怒らないようなことでも、イライラしてしまったりしてしまいます。

 

自分の気持ちを、自分でコントロールするのが難しくなってしまう時期でもあります。

 

また、食欲が増えてしまったり、逆に減ってしまったりと、余計にストレスを感じてしまう人も少なくありません。

 

身体的症状は、ほてりを感じるようになったり、身体がむくみやすくなってしまったり、胸が張ることによって痛みを生じさせたりとちょっとしたことから、ひどい頭痛やふらつきなど、日常生活に支障が出てしまうレベルの内容まで様々です。

 

主な原因はズバリ女性ホルモン

 

桜

やはり、月経にちなんだことですので、主な原因にあげられるのは、女性ホルモンの分泌されるバランスの乱れです。

 

女性ホルモンのエストロゲンと、プロゲステロンのバランスが崩れてしまうことによって、身体が通常の状態を保つことが難しくなり、こういった症状が出てきます。

 

月経周期は人それぞれなので、月経前症候群が出ている帰還も様々ですが、主には月経開始日の3〜10日前に症状が現れる人が多いようです。

 

自分もそうかもしれない…と悩んでいる人は、我慢をしたり自身で何か対策を考える前に、クリニックや婦人科など専門の人にしっかりと診てもらい、自分に合った対処法をしっかりとレクチャーしていただくことが大切です。

 

子宮の痛み

実は生理痛じゃないかもしれない痛み

 

生理痛で悩む女性

女性は毎月のように生理が訪れ、痛みを伴いますし精神的にも倦怠感がでるなど良い印象がないので、億劫に思っている人もいるのでと思います。

 

じつはその痛みは、生理痛ではない可能性もあります。なぜなら、通常の状態であれば倦怠感などは、ホルモンのバランスの性質上起こりうることですが、痛みはないはずだからです。

 

女性の子宮には、様々な病気が発症する可能性があります。例を挙げるならば子宮筋腫であったり、子宮内膜症などです。

 

これらの病気が子宮の中に潜んでいると、痛みを伴う可能性が非常に高いと言われています。

 

特に注意していただきたいのが、動けないほどの痛みを伴う方です。

 

生理痛には個人差があり、我慢できるので日常生活にそれほど支障のない方もいれば、あまりの痛みに耐え切れず、仕事や学校生活などに影響を及ぼす場合の方もいらっしゃいます。

 

どうやって見分ける?

 

子宮の痛み 女性

子宮の病気となると、やはり内臓部分での話となってきますので、自分でこれは病気だと判断することは難しいでしょう。

 

何かおかしい、いつもより痛みが酷いと感じられた時点で、婦人科など専門医に診察していただくのが一番良いです。

 

最近は生理痛は通常だと思われている人が多く、生理痛くらいでは病院に行かない人も多いようで、子宮に潜む病気の早期発見が難しいそうです。

 

ですが、自分の身体を知っているのは自分のはず。様子がおかしい場合には、必ず診察を受け治療をしましょう。

 

病気でない場合の生理痛

 

女性 ポイント

成人女性であれば、子宮頸がんの検査などで検査をしている人も多く、自分が病気でないことが明確にわかっている人もいるでしょう。

 

それでも生理痛が酷い人の場合は、例えば冷え性であったり、骨盤の歪みが原因であることもあります。

 

腰が歪んでいたり冷えていたりすると、月経時に下腹部の痛みを感じることもあります。

 

また、冷えることできちんと体内に栄養が行き届かず、そのほかの症状がでてしまう場合もありますので、自分の身体を温める努力が必要となってきます。

 

どちらにせよ、自分の変化に気づいているのであれば、定期的な検査を行う必要があるかと思います。

 

初めての検査の時は、緊張や不快感などを感じるかとおもいますが、自分の健康のためにも一度検討してみてはいかがでしょうか。

 

早期発見をすることによって、薬物療法など簡単な治療で改善に向かうこともありますよ!

 

 

 LINEで送る

女性ホルモン増やし方 年代別

10代 女性ホルモン増やし方
20代 女性ホルモン増やし方


30代 女性ホルモン増やし方
40代 女性ホルモン増やし方


50代 女性ホルモン増やし方
60代 女性ホルモン増やし方